久松農園オフィシャルサイト | Blog
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
94
archive,paged,category,category-blog,category-94,paged-68,category-paged-68,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

Blog

2/26(水)フードマーケティングセミナーに登壇します

04 2月 in Blog

マーケティングの大家 法政大学の小川孔輔先生と、らでぃっしゅぼーやの創始者 徳江倫明さんのフードマーケティングセミナーに久松が登壇します。久松の言う「小さくて強い農業」は果たしてどの程度一般性を持ちうるのか? プロ中のプロが、冷静に、意地悪く突っ込んで下さいます。不完全なままで自らまな板に乗る勇気だけ買ってやって下さい。 ------------------- http://kosuke-ogawa.com/?eid=2901 第3回フードマーケティングセミナー NEW!第3回フードマーケティングセミナーが開催されます。今回のゲストは『キレイゴトぬきの農業論』(新潮社)の著者で、茨城県で「久松農園」を経営されている久松達央氏です。 第3回 フードマーケティングセミナー ◆日時◆ 2月26日(水) ※従来と開始時間が異なります。ご注意ください。 17:30~開場 18:00~18:45 基調講演「キレイゴトぬきの農業論」 久松達央 18:45~20:30 鼎談「久松流“エロうま野菜”のマーケティング」 久松達央・小川孔輔・徳江倫明 ※質疑応答含む 20:45~懇親会(予定) ◆場所◆ 法政大学経営大学院(新一口坂校舎) ◆参加費◆ 一般 7,000円(税込) メルマガ会員(※) 6,000円(税込) お申し込みはこちら http://www.food-trust.jp/fm3/index.html ※一般社団法人フードトラストプロジェクトのメルマガ(オーガニック通信)に読者登録なさった方(オーガニック通信では有機農業、オーガニック、食の安全、生物多様性、CSR情報、環境問題等の情報を、またイベント、セミナー、講演情報など配信しています。会費は無料です) ※登録方法は下記申込書の「登録会員になる」をチェックし、必要事項を記入し下記fax番号に送付ください。今回から登録会員参加費を適応させていただきます。(メールアドレスの記入がない場合登録会員とはなりません) ※登録会員の方は次回以降もイベント、セミナー、講演企画等優先的にお知らせし、会員価格を適応させていただきます。  ...

締めの合間の

03 2月 in Blog

月末月初は業務が山積みですが、作付が切羽詰まってそうも言っていられないのでマルチ張りなど。 最近触っていなかったので、設定をいろいろいじりつつ。 土のかかり方と本体の深さ設定に気を取られていたら曲がった事はスタッフにはくれぐれも内密にお願いしますm(__)m ...

三田評論2月号に久松のインタビューが掲載されています

03 2月 in Blog

慶應義塾の機関紙『三田評論』2月号に『キレイゴトぬきの農業論』の著者インタビューが掲載されています。定期購読以外は紀伊國屋新宿店でしか売っていませんが、よろしければ御覧ください。本と合わせてお読み頂くと、これからの新しい農業のヒントになると思います。 環境情報学部の神成淳司准教授のインタビューです。収録されていませんが、実際には僕が先生にお聞きした話が大変おもしろく、そっちを記事にしてくれないかな、と思いました。 ...

野菜セット 14-01-31,1

01 2月 in Blog

ミニ大根 里芋 キャベツ かぶ  水菜 ねぎ ほうれん草   かぼちゃ (Lセットは数品目追加されます) 今回はかぼちゃが入ります! ホクホクで粘りのある品種です! 緑色の野菜たちの中にカラーな野菜が入ると華やかさが増しますね。 こうやって冬の野菜たちをまとめて見てるとやっぱり鍋を思い浮かべてしまいます。 寒い夜は温かい鍋と熱燗で… あぁ、お腹空いてきた。。。 ...

千葉の認定就農者の皆さんにお話をしてきました

29 1月 in Blog

1/28-29と、千葉県の新規就農者の皆さんにお話をさせて頂きました。県主催の認定就農者交流会です。 認定就農者というのは、農業を新たに始めるにあたって、都道府県に計画書を出して認定を受ける制度です。認定されると農地を買ったり借りたり出来るほか、支援融資を受けることが出来ます。 農業を始めることそのものに法律上の制約はありませんが、農地の売買貸借が農地法で規制されているため、制度上は農業参入は制限されています。つまり農業経営者になるには、 農家に生まれる 県知事の許可を得て認定農業者になる もぐりで始める の3パターンしかありません。起業家精神あふれる僕はもちろん3です(笑)。 参加者も、関係行政機関の皆さんも熱心に聴いてくださいました。話を聴くのももちろん大切ですが、こういう会を通じて横のつながりができるのは重要です。 一方で、農業をやりたい人全員が自分で経営を立ち上げるしかない、という状況はおかしいと僕は思っています。残念ながら農業はそのほとんどが家族経営で、外部雇用している法人は少数です。特に少ないのが、小さい農業経営体。家族経営ではないが、大規模経営でもない、個性のある小さい農業経営が増えると、受け入れられる人材の幅が広がります。 私達中堅どころは、目の前のことももちろん大事ですが、新人を発掘して育てる仕事もしていかなくてはなりません。それは全体の責任です。場がなければ人は育ちようがありません。久松農園でも、微力ながらそういうサポートをしていきたいと思っています。 千葉県の担い手支援チームは熱心ですねー。茨城はどうなんでしょ? てめーら新人じゃねーだろ、のあいよ農場チーム。 ...

野菜セット14-01-29

28 1月 in Blog

ミニ大根 里芋 キャベツ かぶ  小松菜 ねぎ ほうれん草  さつまいも (Lセットは赤かぶと水菜が追加されます) 2014年に入りもう1ヶ月たとうとしています。 久松農園でも春野菜の準備が着々と進んでおりますよ〜! トンネルの中は… 大根たちでございます! みんな仲良く成長中でございます! 乞うご期待!!! ...

久松農園ではスタッフを募集しています! 2/2 有楽町 新農業人フェア

26 1月 in Blog

農場長フシミ、スタッフ ボンズ、出荷チームの力がみなぎり始め、2014年の久松農園は過去最強の布陣です。 畑も増やして、いよいよシーズンが始まろうとしていますが、人が足りません! 小さくて強い農業に参加したいアナタの参加をお待ちしています。 2/2(日)の新農業人フェアに出展します。ブースでお待ちしておりますので、ぜひお話をしにいらして下さい。 当日は農場長フシミのセミナーもあります。 見学・ご質問等は随時受け付けております。info@hisamatsufarm.com までお問い合わせ下さい。 ◯正社員 【募集人数】 1名 【募集職種】 農作業全般(収穫・管理その他)、営業、企画、商品開発 【応募資格】 管理業務(経理、総務など)、IT業務、機械整備、農作業経験、などのいずれかの経験があり、即戦力のスキルを持っている方に限ります。新卒不可。2年以上の長期勤務ができる人。 要普通自動車免許 【勤務時間】 8:00~17:30(季節により変動) 【給与】 農園規定に則って支給 【休日・休暇】 土日休日が基本 年末年始 【待遇(制度・福利厚生制度)】 労災・雇用保険 ◯研修生 【募集人数】 2−3名 【募集職種】 農作業全般(収穫・管理その他)、基本的な管理業務 【応募資格】 社会人経験者に限る(新卒不可) 農業を学ぶ強い意欲があり、半年から1年後に社員登用を目指す人 2年以上の長期勤務ができる人 要普通自動車免許 基本的なITスキル 【勤務時間】 8:00~17:30(季節により変動) 【手当】研修生手当あり 生活費農園負担 【休日・休暇】 土日休日が基本 年末年始 【待遇(制度・福利厚生制度)】 労災・雇用保険    ...

野菜セット 14-01-24,25

25 1月 in Blog

ミニ大根 里芋 白菜又はキャベツ かぶ  小松菜 ねぎ ほうれん草 かぼちゃ又はブロッコリー (Lセットは数品目追加されます)     本日の出荷は大忙しでした。 これはまだまだほんの一部。 本当にありがたいです!!!   一軒一軒、農場長が愛を込めて箱詰めして行きます。   冬のうまみをご堪能ください!!!      ...

ごぼうガールズ

21 1月 in Blog

今週は山形ガールズ農場からOさんが短期研修に来ています。 21歳の若さですごくしっかりしています。 今日はごぼう堀り初体験。ぶっとい大浦ごぼうにびっくり。 かわいい。 トラクターから降りてきて何かポーズを取ったが、いまいち伝わっていない残念なボンズ。   ごぼうの気持ちを体験する農場長。 「たまには仕事しろよ!」 「は、はい!」 バズーカ。可愛すぎる。 ...