久松農園オフィシャルサイト | お出かけ
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
103
archive,tag,tag-outing,tag-103,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

お出かけ Tag

先週の出来事

10 9月 in Blog

9/5  奈良県 奈良食のつくり手経営塾のお仕事で、京都から近鉄特急に揺られて橿原市へ。奈良に足を踏み入れるのは20年ぶり。 大阪の「近郊農業」で食っていたが、長距離流通の時代に入って遠くの大産地にやられている、という文脈で語られる奈良県の農業。ちょっと香川にも似ているのかな。 でもそれはちょっと前の生産者の話。今回お会いした若手生産者たちはそういう文脈からは自由に、素直に未来を見つめている人たちでした。「奈良の保守的な風土」は足枷というよりも、ちょっと重めのセルトレイの覆土という感じでしょうか。しっかり押さえられている方が発芽がガッチリするのかもしれません。夜遅くまでお付き合い頂いた皆さん、また遊びに行かせて下さい。       9/6 和歌山 あゆみ農園の西さんにコーディネートして頂いて、那賀地方の有機農業の皆さんを訪問。 今昔老若大小濃淡内外、さまざまな農業・流通・組合が混在していて、とてもエキサイティングでした。 風土があり、その上に歴史があり、その上に人が折り重なっている。まとまるわけないような個性の集まりが、和気藹々と楽しそうに暮らしていました。 「人は人。自分は自分。そして仲良く。」という言葉が好きなのですが、この地域では、仲良く、の部分を形成しているのが「有機」なのかもしれません。それは、技術とか販売とかのもう一段下にある地下茎のようなものなのかもしれません。 何日か時間を取ってまたふらっと訪れてみたい場所です。     9/9 千葉 研修生を連れて、久々に山武の三つ豆ファーム、サンバファームへ。がっつり作業させてもらうつもりだったのですが、しっかり時間を取って畑をご案内頂きました。 サンバの松下さんは、圃場から出荷場まで全部案内してくれました。どういう考え方で始めて、それがどう変遷していったか、に独立希望の研修生達が食い入っていました。 生姜すばらしい。もう自分でやろうと思わない。         午後は山木さんのところでキャベブロカリの定植を。段取りが全然違うので、僕も勉強になります。 多品目農家には膨大な行程があるわけですが、その一個一個に意味があり、それを改善することに命を燃やしているのが彼らであり、僕らです。好きなんです。だから話が尽きません。     夜は地域の仲間も参加して宴会。 研修生諸君は、モヤモヤしている先輩にぶつかっていって、負けずにモヤモヤして下さい。       ーーーーー 9/5の奈良のセミナーで、倉田晋司先生のU理論の講義を受けたのですが、これがジワジワと効いてきておりまして。 自分は何を好きで、何に抗っているのか分からなくなってきました。 先週は、自分の「枠」を壊すような新しいこと・人にたくさん出会ったので、余計に悶々と。 脳が疲れます。  ...

愛農学園に行ってきました

10 2月 in Blog

2/4-5と三重の愛農学園に行ってきました。全寮制の農業高校で、全国唯一の私立校です。特に有機農業者の間では広く知られています。今回は卒業生や一般公募の農業者向けの講座の講師として呼んで頂きました。 50年余りの歴史を誇る学園ですが、リニューアルが進んでいて、建物は明るく機能的でした。図書室が素晴らしい。栽培本から文学全集まで揃っていました。ここで一年は飽きずに暮らせそう。 今回呼んでくれた舞鶴の添ちゃん。僕が農業を始めた頃にちょうど隣町で研修していた友人です。直接会うのは実に17年ぶり。元気でした。 今回のメインは株式会社土佐百の畑俊八さんの栽培講座。とてもお世話になっている農家です。農業者としてこの人と同じ時代を生きられることを僕は幸せに思っています。 「栽培OSの変化〜根拠ある栽培技術習得について」と題した2時間のお話は、多岐に渡り、深いものでした。興味がある人はリンク先の動画をぜひご覧下さい。畑さんは優れた栽培者ですが、特に育成者として突出していると僕は思っています。 夜は農園の肉や野菜をふんだんに使った料理を振る舞って頂きました。美味い! 夜は畑さんとの対談(写真がない。。)。 今年はオーガニック元年だそうで(笑)。ひねくれ者の僕は、そんな流れに乗っかってもなぁと思ってしまいますが、有機ギョーカイはたまに畑さんのような優れた人材を排出するのもまた事実。入口としては大変魅力的だが、道に迷うと出られなくなる洞窟である、という畑さんの言葉を手がかりに、一同で現代の有機農業の意味を考えました。ひと言でまとめられる物ではありませんが、僕にとって有機農業は栽培技術ではなく、作物に向き合う姿勢を意味するのだろうと再認識しました。こういうことを言うのも恥ずかしいですが。 翌日は圃場に出て畑さんの講座。皆真剣に聞き入っています。土づくりは畜産堆肥をぶっこむ事ではない。当たり前のことですが、「古い有機農業」の手法で失敗して苦しんでいる人がたくさんいます。科学の視点を取り入れないと先がありません。 最後に僕から販売について話をしました。皆さん、少しは参考になったでしょうか。   いい出会いも頂き、持ち帰るものの多い旅でした。 畑さん、添ちゃん、ありがとう! ...

農作業安全研修

21 12月 in Blog

11月18日に水戸市の農林水産研修所つくば館水戸ほ場で開催された、茨城県県南農林事務所による「農作業安全研修」に参加しました。刈払機の安全操作やトラクターの安全走行に関する実習と、農作業事故の実態・事例と安全対策のポイントについての講義を受けました。...

農業法人スタッフ・若手農家交流会を行いました

29 11月 in Blog

茨城・千葉の農業法人スタッフ・若手農家交流会を行いました。 参加したのは、イオンファーム牛久農場、れんこん3兄弟、tedy、サンバファーム、柴海農園、松井洋いちご農園、ウエルシードよりAさん。 イオンファーム牛久農場を見学させて頂き、ディスカッションした後、交流会へ。大いに盛り上がりました。...

トキタ種苗オープンディ!

23 11月 in Blog

11月13日 トキタ種苗のオープンディに久松農園みんなで行って参りました。 開場では同じ茨城の木の里農園の布施さん、埼玉の上原さんともお会いし一緒にまわる事が出来ました。 いま久松農園で使っているトキタ種苗の種はレタス、ねぎ、春キャベツ、春のミニ白菜、ちぢみほうれん草、絹さやなどがあります。...

イオンアグリにお邪魔しました

22 10月 in Blog

イオンアグリの牛久農場にお邪魔してきました。16haの農場に見事なキャベツ、白菜が広がっていました。管理が行き届いていて美しい畑です。牛久農場のスタッフのモチベーションは高く、多くの人が働いてみたいと思うであろう農場でした。 人事部の唐木マネージャーを交えて2時間程ディスカッションさせて頂きました。...