久松農園オフィシャルサイト | Boss
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
8
archive,paged,author,author-bosshisamatsu,author-8,paged-11,author-paged-11,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

Author: Boss

研修生募集中 12/17(土)新農業人フェアでお待ちします

02 12月 in Blog, News

久松農園では、独立就農希望者の研修を受け付けております。小規模有機農業の栽培から販売までのノウハウを学び、久松農園グループの一員としてとして独立したい方を支援します。 12/17(土)の新農業人フェアで僕が直接ご説明しますので、興味のある方はぜひいらして下さい。当日はブースが混み合いますので、事前にご予約されることをお勧めします。 面談予約フォーム:https://goo.gl/ukCc1Z ...

試練の冬

01 12月 in Blog, News

早いものでもう師走。泣いても笑っても年末まで一ヶ月を切りました。 秋の長雨と日照不足、コガネムシの大発生で秋冬野菜が大打撃を被っていることはお伝えしましたが、追い打ちを掛けるように11/24の雪と翌日の急な低温で凍害が出ています。...

メディア掲載のおしらせ:日経ビジネスオンライン16/11/11

11 11月 in Blog, News

人材育成のあり方について久松農園の例を取り上げて頂きました。 タイトルにある「渡り職人」とは、小関智弘の著書に出てくる、金属加工の町工場を渡り歩いてその技を伝えた人達のことです。これからの農業界で、これがキーワードになると考えています。ぜひご一読下さい。 ...

2016秋の農園見学会無事終了しました

06 11月 in Blog, News

野菜定期便のお客様をお迎えしての農園見学会。2016年秋の部でした。 予報に反してちょっと肌寒い曇りの朝。それでも子供たちの元気に押されてか、途中から一気に晴れてきました。まずは畑めぐりから。収穫もガシガシして頂くので、大人も子供も嬉しそうです。 いいところだけをお見せするわけではありません。定期便のお客様にはすべてを見て頂きたい。コガネムシにやられまくったホウレンソウやブロッコリーの畑にもお連れして、状況をご説明しました。 人参畑ではキアゲハの幼虫がいたので、子供たちに触ってもらいました。   収穫した野菜は皆さんできれいに袋に入れてお持ち帰り頂きます。常連の方もいらっしゃるので手際がいい!       トラクターはやはり皆さん喜びますね。   会場に戻ってお食事タイム。今回は、よろぎ野.菜さんにご協力を頂いた美味しいオードブルとおにぎり、さらに僕がつくった野菜ゴロゴロの豚汁をご用意しました。 スタッフも輪に加わって、ざっくばらんにお話します。今回は少人数だったこともあって、解散した後も残った方達とじっくりツッコんだ話ができました。 「おいしい野菜で喜んでもらう」 ウチの基本コンセプトです。シンプルですが、おいしい野菜とは何か、喜んでもらうとは何か、のすべてについてひとつひとつ考え、積み上げていくのが僕たちの仕事です。時間はかかりますが、とても価値ある仕事だということを再認識できるのが、お客さんとの交流です。 ありがとうございました。できれば回数を増やしていきたいと思っていますので、またいらして下さい。 ...

新スタッフ加入のお知らせ

29 10月 in Blog, News

11月1日より、飯沼学(いいぬま まなぶ)さんが社員として久松農園に加わります。 飯沼さんは、親しくさせて頂いている(株)れんこん三兄弟に5年間勤めた優秀な人材です。これまでに培ったチームづくりやノウハウ共有の経験を生かして、今後ウチが本腰を入れて取り組む人材育成や小規模分散型農業の仕組みづくりに力を発揮してもらいます。 負荷大好き男ですので、皆様ひとつもんでやって下さい。 ...