久松農園オフィシャルサイト | 【カブのステーキ~カブの葉のソース~】ver.2
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547222
post-template-default,single,single-post,postid-176547222,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

【カブのステーキ~カブの葉のソース~】ver.2

【カブのステーキ~カブの葉のソース~】ver.2

14:31 22 2月 in Blog
0 Comments

せっかくの葉付きのカブなのに、葉っぱを上手く活用できない…m(__)mという方のご要望をうけ、今回はカブも葉っぱも同時に、且つお洒落に召し上がれるレシピのご紹介です!
切り落とした葉っぱは水で良く洗い、沸騰した塩の入った湯でサッと茹で、すぐに冷水にとります。水気を切って5㎜位の小口切りにし、ポン酢とオリーブ油、黒コショウであえて、ソースを作っておきます。
カブは良く洗い、大きければ輪切り、小さければ4等分に櫛形切りにします。
ご家庭にあればグリルパン、もしくは鉄のフライパンを熱く熱し、カブの表面だけをサッと焼き付けます。
※無ければ普通のフライパンでも大丈夫ですが、中まで火を通さず、強火で表面を炙る程度にするのがポイント!ジューシーで歯触り良く仕上がります。
仕上げに作っておいたかぶの葉ソースをかければ出来上がり♪
ソースのアレンジも色々楽しめます。
今回はポン酢で和風のアレンジですが、洋風にしたければ、塩・コショウ・白ワインビネガー・マスタード・オリーブ油などでソースを作れば、白ワインにピッタリの一品に早変わり!
梅肉・しょう油・みりん・かつお節にすればつきだし風の一品に。
お好みのソースアレンジも是非楽しんで下さいね~(^^)

Tags:
No Comments

Post A Comment