久松農園オフィシャルサイト | POPEYE4月号『本と映画のはなし。』
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176540079
post-template-default,single,single-post,postid-176540079,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

POPEYE4月号『本と映画のはなし。』

POPEYE4月号『本と映画のはなし。』

08:34 19 3月 in Blog
0 Comments

POPEYE4月号『本と映画のはなし。』で ジャーナリストの佐々木俊尚さんが「キレイゴトぬきの農業論」を取り上げて下さいました。

企業共同体の崩壊というテーマが論じられていますが、考えてみると70年生まれの僕らは、バブル崩壊後、企業社会が音を立てて崩れていく時期にちょうど社会に出た世代だと思います。会社に入った時、「あ、ここに染まっちゃダメ」と思いましたが、かと言って今の30代ほど絶望しているわけでもないような。
昨日たまたま中高の同級生に会いましたが、みんな今を生きているいい顔をしていました。
全力で走れるのはこれから10年。僕たちは何をつくれるのでしょうか?

2014-03-19 08.16.48

No Comments

Post A Comment