久松農園オフィシャルサイト | 『キレイゴトぬきの農業論』特設ページ
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
988
post-template-default,single,single-post,postid-988,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

『キレイゴトぬきの農業論』特設ページ

『キレイゴトぬきの農業論』特設ページ

17:31 25 8月 in News
0 Comments

このたび新潮社・新潮新書より、初の著書となる『キレイゴトぬきの農業論』が9 月14 日(土)に刊行されました。

「有機農業だから安全でおいしい」「農家は清貧な弱者である」といったよくある誤解をロジカルに解いております。また、小規模農家の戦い方も詳しく解説しました。キレイゴト もタブーも一切無し。畑で徹底的に考え抜いた知的農業論です。ぜひご一読ください。 また、関心のある方にぜひお知らせいただければ幸いです。 関連媒体に新刊紹介・書評などでのご協力も何卒よろしくお願いします。

・新潮社のページはこちら。無料立ち読みができます!
・書評など:
HONZ  「コンセプトは”エロうま”-『キレイゴトぬきの農業論』
新潮社『波』:農家は「可哀想な人」ではない
編集者のことば:「日本一話のうまい農家」の話
FOOCOM 松永和紀 「畑から、すぐれたビジネス書がやってきた」
週刊東洋経済10/13号 Books&Trends 著者インタビュー「農業は知的でクリエイティブ」
週刊文春10月3日号近刊紹介
サンデー毎日10/20号  書評欄
夕刊フジ10月10日号 書評欄
日経新聞 10月13日 読書欄書評
TOKYO-FM  TIMELINE 書考空間
法政大学 小川孔輔教授  書評
新潮45 11月号 著者インタビュー
佐賀県武雄市 樋渡啓祐市長 書評
週刊エコノミスト10月29日号 書評
WEDGE INFINITY 著者インタビュー  農業ほど素敵な商売はない! ロジカルな農家が目指す合理性の「向こう側」
『栄養と料理』12月号 書評
『文藝春秋』12月号 書評
新潟県 三条市 国定勇人市長 ブログ 書評
安井至 市民のための環境学ガイド 書評
読売新聞12月8日書評
戦略経営者2014年1月号
ニュース屋台村 「H教授の乾坤一冊」書評

キレイゴトぬきの農業論

【内容】
第1章 有機農業三つの神話
第2章 野菜がまずくなっている?
第3章 虫や雑草と どう向き合うか
第4章 小規模農家はゲリラ戦を戦う
第5章 センスもガッツもなくていい
第6章 ホーシャノーがやってきた
第7章 「新参者」の農業論

【ご予約】
ご購入はこちらより

新潮社『キレイゴトぬきの農業論』のページはこちら

 

【本件に関する問い合わせ先】 久松達央 info@hisamatsufarm.com

久松農園

 

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.