久松農園オフィシャルサイト | 愛農学園対談 畑俊八×久松達央 「『有機農業』は終わったのか?」
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176546601
post-template-default,single,single-post,postid-176546601,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

愛農学園対談 畑俊八×久松達央 「『有機農業』は終わったのか?」

愛農学園対談 畑俊八×久松達央 「『有機農業』は終わったのか?」

07:24 07 5月 in Blog, News
0 Comments

去る2017年2月4日、三重県の愛農学園にお招き頂き、高知県のパプリカ農家 畑俊八さんと対談させて頂きました。テーマはずばり「『有機農業』は終わったのか?」です。愛農学園の許可を頂いて、全文をPDFで公開します。

「有機農業」を入口にして農業を始めた畑さんと僕が、農法のこと、お金のこと、新規就農のことを語りました。畑さんの懐の深さが滲み出るいいセリフがたくさんありますので、ぜひご一読下さい。

前半

後半

No Comments

Post A Comment