久松農園オフィシャルサイト | 10月後半の畑
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176545993
post-template-default,single,single-post,postid-176545993,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

10月後半の畑

10月後半の畑

06:38 22 10月 in Blog, News
0 Comments

9月の記録的な日照不足と長雨で、全国の農業に悪影響が出ています。ウチでは、早い葉物やダイコンに病気が出たほか、コガネムシの大発生で多くの野菜が食害を受けています。10月半ばからは秋らしい青空が続き、ようやく野菜たちも元気になってきましたが、秋冬野菜の大不作は避けられません。販売担当の十川は必死のやりくりです。

天気はダメでも、人は充実の秋。新メンバーや短期の研修生がやる気に満ちていて、仕事ってこんなに楽しかったっけ?と驚くくらい、楽しい日々を送っています。実際、僕も表情が穏やかになったとよく言われます。

左から、岩ちゃん、チサキ、シノ。今月は、農場長経験者が4人というドリームチームです。仕事早い早い。勢い余って、毎晩のように飲み会になってます。
image_24image_714753431_1331536230191568_6731728373573447152_o

長期研修することになったユカリン。穏やかですが、秘めているものは熱いようです。
image_22

畑は充実してきました。これから11月にかけては、一年でもキレイな時期。
image_15p12101962016-10-21-14-58-55image_14

サラダ用に色とりどりの葉野菜をセットでお届けしております。結構ボリュームあります。

 

p1210231_1

今週の作業は、葉物を蒔いては被覆。蒔いた葉物の除草、ねぎの土寄せ、土づくりのための米ぬか撒き、大根の間引きなどなど。やることは多いですが、何せメンバーがメンバーなので、バリバリ片付きます。毎日、もっと仕事寄こせ、と言われている感じ(笑)

2016-10-21-14-57-222016-10-21-14-06-06image_11p1210200

深刻なのはコガネムシ害。作付け量全体の半分に何らかの影響が出ています。畑によってはほとんどの作物が食害を受けるほど。根をかじられてしまうので、葉物類は生育が止まったり枯れたり、根菜は奇形を生じやすいです。ほうれん草とレタスが特にひどい。

2016-09-29-16-40-25image_12image_48

いろいろあるけど、秋の空は今年も美しい。

image_192016-10-21-16-46-36

 

No Comments

Post A Comment