久松農園オフィシャルサイト | 12/26 今コレ!野菜通信
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547644
post-template-default,single,single-post,postid-176547644,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

12/26 今コレ!野菜通信

12/26 今コレ!野菜通信

17:59 26 12月 in Blog
0 Comments

2018年私たちの作る野菜を購入してくださった定期便会員の皆さま、飲食店の皆さま、

(少し早いですが、、)今年も一年ありがとうございました。

久松農園の松永です。

今年はわたくし松永が個人様向け野菜定期便にお入れする野菜の品目を決めさせていただいておりました。

至らない点もあったかと思いますが、この一年自分なりに皆さんの食卓に上がるお献立を想像しながら、組み合わせを考えていました。

「あ~、○○を皆さんに食べさせていから早く大きくならないかなぁ~」

とか、

「もう少し○○を長く楽しんでもらいたいからもっとゆっくり育たないかなぁ~」とか、

コントロールできないはずの野菜たちの成長スピードに地団駄をふむこともしばしばありました。

畑の都合でどうしても同じ品目が続いてしまったり、、反対に一瞬しかお届けできなかったり。。

旬の野菜を露地栽培でつくるということの難しさ、また面白さも痛感

しました。

年間を通じて、まるで定点観測のように野菜たちをみていると、一度として同じ顔をしている野菜はないと気付きます。

日ごとに表情を変えていく野菜たちを見ていて飽きることはありません。

本当に良いもの、美味しいものを食べてもらうのって、凄く凄く難しいことなんだということも知りました。

畑で採れたてを食べるのが一番美味しい。

この100点をいかに崩さずに皆さんのもとへお届けできるか。

私たちの飽くなき挑戦はこれからも続きます。

私たちのモチベーションは、皆さんにもっと美味しい野菜をたくさん食べてもらいたい、ということだからです。

皆さんに「前より良くなったね!」と言われ続けられるように来年も頑張ります。

***********************************

◆野菜についての疑問・質問、レシピについてのお問合せなどお気軽にどうぞ。

お問合せ:http://hisamatsufarm.com/contact

◆ 個人のお客様向け、定期便や単発野菜セットのご注文はこちら: shop.hisamatsufarm.com

◆ 新規飲食店募集中!
お問合せ、定期農園見学会、サンプル野菜のご希望など詳細はこちら: 
http://bit.ly/2LI6oIz

No Comments

Post A Comment