久松農園オフィシャルサイト | 秋の夜長
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547562
post-template-default,single,single-post,postid-176547562,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

秋の夜長

秋の夜長

18:47 29 10月 in Blog
0 Comments

[category Blog]

こんにちわ、入倉です!すっかり涼しくなってきましたね。

畑を吹き抜ける風も冷たくなってきて、気持ちの良い秋晴れが続いています。
台風で傷ついた野菜達も元気を取り戻し、グングン成長してきました!楽しみにしていたダイコンやカブのぬか漬けに舌鼓をうっています。

そして、8月〜9月のめちゃめちゃ暑い盛りに、必死こいて植えたキャベツやブロッコリーが、見事に綺麗に出来てきました!
植えたものが、病気にもならずに、虫の被害も少なく、綺麗に出来た時は格別。夏が大変だっただけに、収穫の喜びもひとしおですね。

その採れたての野菜を持って帰ってすぐに食べられる喜びといったらないですねー。たまりません。

ブロッコリー1株くらいだと、茹でてザルに上げて、他の料理作ってる間に「うめぇな〜っ」つってつまみ食いしてる内に無くなってしまいます。
ダイコンはおでんにしたり、ぬか漬けにしたり、使用頻度が高いので2、3本すぐ無くなります。食欲の秋です。普段から大食いですが。

そして秋の夜長はやっぱり読書。
農業関係の本はもちろんの事、人生哲学的な本だったり、猟師になった人の本だったり、色んなジャンルの本を読む事で見聞を広めて行こうと思っています。
研修期間も残すところあと3ヶ月と半月。限られた時間をどう使っていくかが肝心な所です。

ひとりで考えていてもわからない事は、人に教えを請うたり、よく分かっている人を紹介して頂いたり。
今まで自分が苦手で、考えられていなかった事にもきちんと向き合える時間を作って。
そんでもってその上で、楽しくワクワクして農業をやっていける、自分なりの方向性を見出す為にこれからも頑張って行きます!

No Comments

Post A Comment