久松農園オフィシャルサイト | 武家草鞋
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547347
post-template-default,single,single-post,postid-176547347,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

武家草鞋

武家草鞋

12:24 31 5月 in Blog
0 Comments

5月もあっ!と言う間に過ぎ去り、夏に収穫する野菜が続々畑にデビューして行き気がつけば6月突入。

梅雨入り前に雨がよく降るので、雨の前に急いで畑に苗を植える準備しておいて、雨降ったらハウスでトマトの世話をして、雨あがりすぐに畑で苗を植えて、収穫して、草刈りしてまた雨で..お天気に翻弄されてます。マナブです。

 数値で見てる訳ではありませんが、年間の気温の積算と降雨量は結局そんなに大差ないような気がするので、梅雨前によく雨が降るってことは空梅雨なのかしら。

そんなこんな農園のスタッフは社員3名(Boss以外で)、研修生3名。

研修生はそれぞれ、研修期間は二年間で、農園を卒業して独立して行く予定です。

この二年期限のチームにどれだけ学びがあり、実際に現場を進めて行けるか、メンバーそれぞれの協力関係が非常に重要になってくると感じています。

私の通勤片道60分の合間の朗読CD習慣、細々続いてます。

最近グサッと来たのが山本周五郎の「武家草鞋(ぞうり)」。

とにかく正しい事を貫こうとする武士が世間に馴染めず放浪し、世間の俗悪さにほとほと嫌気がさして脱俗しようとした時に、世話になった老人に「自分の非を一度も省みないのはいかがか。世間は自からの周囲への働きかけによって作られるものなのでは」

と言う言葉に武士は雷に打たれたような衝撃を受けるのですが、私にもグサッと来ました。

ガチャガチャした日々に自分は結構がんばっているとか思いがちで、コミュニケーションがおろそかになり、「分かってくれよー」と一方通行になりがちです。実際にはその逆で、忙しい時ほど日頃の関係性、チームワークが試される。

分かりやす過ぎず、複雑すぎない仕組みを協力的に模索して行けるように働きかけを..

No Comments

Post A Comment