久松農園オフィシャルサイト | 春悶々
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547311
post-template-default,single,single-post,postid-176547311,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

春悶々

春悶々

18:48 27 3月 in Blog
0 Comments

1才半の次女が上の娘よりバブバブ期間が長く、未だはっきりとした言葉を喋らないのですが(長女は10ヶ月でワンワンと言えた)、最近何か喋ろうとし始めたので、まだ喋らない期間が続いてももいいなとか思っているマナブです。

雨が降るたびに暖かくなります。冬を越した小松菜や蕪の花芽が一気に上がって来てナバナの季節到来です。
茨城はまだ遅霜が来てもおかしくない時期なので、油断は禁物。しかし確実に春が近づいて来ます。

多品目の野菜を栽培しているとエンドレスで現場はガチャガチャしていますが、自分個人の悩みなんかも待った無しで降り落ちて来るので目が回りそうです。

浅い経験と土日休みの体制で現場をどう進めて行くのか、個性的なメンバー(自分含む)と上手くコミュニケーションが取れてないとか指摘されて悶々としたり.. 気持ちよくないことばかりです。

自分の経験則的にはこの「気持ちよくない時期」がグッと成長し変化できる時期なので、悶々としながら気持ちよく無い事にいちいちつまづきながら、いちいち答えを出して行こうと思うこの頃です。ちょっと待っててください。

一人ではこんなに悶々としないし、一人ではこんな悶々を相談しながら成長し、変化はして行けない。

ありがたくて目が回りそうな春はすぐそこ。

No Comments

Post A Comment