久松農園オフィシャルサイト | 【ほうれん草とじゃがいものグラタン】
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547266
post-template-default,single,single-post,postid-176547266,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

【ほうれん草とじゃがいものグラタン】

【ほうれん草とじゃがいものグラタン】

14:41 22 2月 in Blog
0 Comments

しっかりと霜に当たって甘みが増した旬のほうれん草を使って冬にぴったりの温かレシピをご紹介!

ほうれん草は良く洗い、塩を加えたたっぷりのお湯でサッと下茹でして、冷水にとり、水気を絞っておきます。
じゃがいもは洗って、皮のままキッチンペーパーで包み、水でビシャビシャに濡らして、ラップで包んで電子レンジで加熱します。※加熱時間の目安は中サイズのじゃがいも1個で、600Wで2分位です。もちろん茹でてもOKです!
竹串がスッと通るぐらいまで加熱したら、ラップを開けて粗熱をとります。
火傷に気を付けながら熱いうちにじゃがいもの皮をむき、大きめにザクザクとランダムに切って、空の鍋に入れ、バターとサケフレークを入れて焦がさないように粉ふきます。じゃがいもは少しつぶれるように混ぜても美味しいです。
塩コショウで調味したら、耐熱容器に移します。
茹でえおいたほうれん草は食べやすい大きさに切り、もう一度水気を絞り、じゃがいもの上に散らします。
溶けるチーズをのせて、オーブントースターでチーズに焦げ目がつく位まで焼けば完成!

※サケフレークの代わりに、玉ねぎと合いびき肉を塩コショウで炒めたものや、ソーセージ、余ったカレー(!)などでもアレンジ可能です♪  お好きな組み合わせを楽しんでみて下さい(^^)

Tags:
No Comments

Post A Comment