久松農園オフィシャルサイト | 【ツルムラサキのだし】
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547192
post-template-default,single,single-post,postid-176547192,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

【ツルムラサキのだし】

【ツルムラサキのだし】

14:05 22 2月 in Blog
0 Comments

山形の郷土料理の‘だし’ってご存知ですか?きゅうりや茄子、ミョウガなどの夏野菜を細かく刻んで、がごめ昆布の旨味とヌルヌル&ネバネバを活かしたご飯のお供です。
それを久松農園風にアレンジしたレシピをご紹介します♪
今回は昆布のネバネバの代わりに、ツルムラサキのネバネバを活用しちゃいます!
ツルムラサキ、オクラ(あればモロヘイヤも)は下茹でして細かく刻んでおきます。きゅうりトウモロコシ、茄子も細かく刻んで塩水に5分くらい漬けておきます。
鍋に酒とみりんを同量入れ火にかけ、一煮立ちさせ、アルコール分を飛ばします。
ボウルに水気を切った野菜と煮切った酒・みりん、醤油、鰹節を加え混ぜ、冷蔵庫で2時間以上冷やしたら完成!
お好みでシソやショウガの千切り、ミョウガや白ごま等を加えても美味しいですよ♪
炊き立てのご飯にかけても良し!素麺にのっけても良し!
食欲のない暑い日でもお野菜をたくさん摂れますよ~。

Tags:
No Comments

Post A Comment