久松農園オフィシャルサイト | 「速さ」について考えてみました
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176547162
post-template-default,single,single-post,postid-176547162,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

「速さ」について考えてみました

「速さ」について考えてみました

18:09 07 2月 in Blog
0 Comments

仕事の速さについて考えてみました。

一口に「速い」といっても、一人で仕事をしている場合とチームで共同作業をしている場合とでは少し「速さ」の種類が異なるように思います。
仕事上たくさんのタスクを抱えていると時間内にどう効率よく終わらせられるか考えますよね。
その中でもルーティンワークをより速くこなせるように試行錯誤することは、「速さ」を競う対照が自分自身であることが多いと思います。

言い換えれば「昨日の自分より今日の自分」といった具合に自分との闘いです。

一方でチームで同一作業を行う場合は、もう少し複雑で、チームワークを発揮してスピードを上げる場面もありますし、
「この作業を他の誰よりも速く終わらせるぞ」といった具合に、チーム内で競い合って個々が速くなるパターンもあると思います。
この場合は競争相手は他者となります。

どちらも生産性の向上にはとても大切なことだと思います。
しかし、この2つの競い合いは本質的に全く別のものだと理解しておく必要があると思います。

自分との競い合いにおいては超えるべきは昨日の自分、ですのでここでの登場人物は自分一人です。
同じ人が同じ仕事をするわけですから、どうしたって作業の精度を上げるしか速さを追及することはできません。
自ずと熟練が要され、仕事の質は上がります。

一方、他者との競い合いにおいては求める速さの基準が競争相手の速さになりますから、相手軸で動作がいかようにも変わりますし、自分自身の能力や作業の熟練度などは見えにくくなります。
一概に「あの人は仕事が速いねぇ」といっても、その「速さ」の質までは一見して分からないものです。

いずれにしても、速く仕事が出来ることは大事なことです。
でもその時に、自分自身が今どの「速さ」を追求しているのか、あるいはどの「速さ」が必要なのかを意識して、決して皮相上滑りにはなるまい、、と思うのであります。。

No Comments

Post A Comment