久松農園オフィシャルサイト | 夏の日のナスに
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176546792
post-template-default,single,single-post,postid-176546792,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

夏の日のナスに

夏の日のナスに

23:49 09 8月 in Blog
0 Comments

取り分け汗っかきのゲンです。
汗は体温の調節をする大切な作用です。野菜も同じく、生きる上で様々な反応があります。
今年は空梅雨による水分不足もあり、ナスの生育に影響がありました。
大量の水を必要とするナスにとっては過酷な環境です。水道による水やりも行っていましたが、弱々しく枯れてしまいそうな樹が増えていきました。しかし、諦めずに水と肥料を与え続け、枝や実を落とし、樹が疲れないように手を加えていくと、弱っていた樹が力を取り戻して行きました。
過酷な環境に耐えられない個体に手を加えて生かしてやるのも栽培の技術であり、農業の醍醐味でもあります。
「人間は嘘をつきますが、作物は嘘をつきません」
僕が愛知県で出会ったナス農家の老師の言葉です。作物は、必ずその時の正直な姿を見せてくれていて、手を掛けただけ応えてくれると老師はいつも言っていました。

何も言わないナスに向き合い汗をかく夏。生きる力を感じています。

No Comments

Post A Comment