久松農園オフィシャルサイト | 農業界の伸び代
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176546702
post-template-default,single,single-post,postid-176546702,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

農業界の伸び代

農業界の伸び代

17:50 13 6月 in Blog
0 Comments

春に植えつけたり種をまいた夏野菜が続々登場でウキウキマナブです。

春の植え付けひと段落の時期がたまたま重なったので、茨城県の霞ヶ浦湖畔にあるレンコンの生産と販売を行う「(株)れんこん三兄弟」と農園でお疲れさまピザパーティーを開催しました。

久松農園はBOSSの新規就農で、れんこん三兄弟は父親の代からの農家で男三兄弟が後を継いでのスタート。会社の生い立ちは違えど、外部からスタッフを雇用して会社の未来を描いている姿勢は似ています。

れんこん三兄弟のスタッフは21、24歳が2年目。26歳が4年目ととにかく若い!

すでに4年目になった26歳は、経営陣と1~2年目の社員との間をどう繋いで行くのか、自分が今取り組むべき仕事はなんなのか、みたいな悩みを抱えてもがいているようでした。

農業法人で長年働く外部雇用のスタッフはまだ前例が少なく、どんな風に会社の未来を切り開いて行くかは自分たち次第なところがあります。

その悩みも活躍も、全てがこれからの農業界の伸び代なんだろうなと思います。

久松農園スタッフも4年目十川を筆頭に、伸びしろ十分にこり固まらず、常に変化して行きます。

No Comments

Post A Comment