久松農園オフィシャルサイト | Spot and Table vol.4
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176546684
post-template-default,single,single-post,postid-176546684,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

Spot and Table vol.4

Spot and Table vol.4

18:09 06 6月 in Blog
0 Comments

マナブです。去る5月27日にSpot and Tableと言う「畑でフルコース」イベントが農園で催されました。
内容はご存知の方も多いかとおもいますので割愛しますが、詳しくはwebでhttp://spotandtable.weebly.com/

その日その場所で、参加いただいたお客様たち、農園スタッフ、農園に足を運び続けてくださっているシェフの方々とそのお料理が形造るイベントです。

私自身もスタッフとして2回目の参加でした。主にお料理のサーブとバックヤードの片つけに働いたのですが、その内容が農作業と通ずる所あり、違いもあり勉強になりました。

例えば今回のイベント中にお料理を運んで行き、帰りに空いているお皿の回収、ワインの残量チェックなど1往復する間に空で行き来することはありませんでした。

飲食の経験がない農園スタッフもシェフよりそうするように指示してもらっていましたが、普段より農作業においても長かったり広い畑では特に、畑の反対側へ行く時は往復で戻って来る時のことを考えて用具などを持って行き、空の動きがないように気をつけています。なのでこれは通ずる所があり感覚的に飲み込みやすかったです

大きな違いはお客さまが目の前にいる飲食の現場では、フィードバックもリアルタイムなんだと言うこと。

畑で作業している時、その作業自体をどう無駄なく進めるかにとらわれがちですが、もう一歩その先、野菜を受け取った方々の事を意識しながら働く。そんな姿勢が養われる貴重なイベントだと感じています。

No Comments

Post A Comment