久松農園オフィシャルサイト | 「センス」とは「ひな形化」なのかもしれない③
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176546476
post-template-default,single,single-post,postid-176546476,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

「センス」とは「ひな形化」なのかもしれない③

「センス」とは「ひな形化」なのかもしれない③

07:45 01 3月 in Blog
1 Comment

「一生かかって一つの大作を書き上げる画家」も「荒っぽいが量産型の作曲家」も一般にはセンスのいい人とは言わないでしょう。「一定のクオリティーのものを次々と出してくるデザイナー」がぴったりきます。すなわち、センスとは①中身②スピード③繰返し性の組み合わせに対して使われているように思います。

拙著『キレイゴトぬきの農業論』(新潮新書)の中では、僕はセンスを「物事の本質を見抜き、他に応用する力」と定義しています。ここで言う本質が上の①中身に、応用する力が②速く③繰り返しに相当すると言えるでしょう。法則を見抜いて素早く何度も再現する力。どうやらこの辺りにセンスと言われるものの中身があるような気がします。

1Comment
  • 奥平 19:47h, 01 3月 返信

    全く同感です。芸術こそ「センスでしょ」「私にはセンスがないから」と言われますが、膨大な情報処理から自分の中で編み出されるパターン構築の技術だと思います。

Post A Comment