久松農園オフィシャルサイト | 空に太陽がある限り
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
142861792
post-template-default,single,single-post,postid-142861792,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

空に太陽がある限り

空に太陽がある限り

10:02 02 7月 in Blog
1 Comment

先週はバリバリ段取りしたのに金曜の雨予報が外れてかなりイジケていました。
スタッフ伏見から、「天気でクヨクヨすんな!」と叱られて更にシュンとしていたら日曜にバッチリ降りました。 

早速太陽熱マルチ張りまくりです。太陽熱って何?と言う方はこちらにいろいろと。

雨後でたっぷり水を含んだ土は太陽熱処理をするには最高の条件ですが、マルチを張るにはかなり難しいコンディションです。矛盾をはらんだ技術なのです。

今年はマルチャーがトラクタータイプに変わったのでパワー十分。さらにいろいろと工夫をこらしているので生産性はソートー上がっています。今日は名オペレーター世界のナカヤマにお願いしたところ、いくつか新しいアイデアを出してくれました。これでまたひとつ便利になってしまいました。ありがたいことです。

楽しいねー。

あ、そういえば現代農業から太陽熱処理のアンケートが来てたな。書かなきゃ。

 

2012-07-02_15
Tags:
1Comment
  • 岡田信子 15:02h, 02 7月 返信

    農園の皆様へ山が青い、土が赤い、マルチが光っている。土がうまそうに見えてしまった。きれいな景色!

Post A Comment