久松農園オフィシャルサイト | 5/6雹害まとめ
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
129143352
post-template-default,single,single-post,postid-129143352,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

5/6雹害まとめ

5/6雹害まとめ

09:50 07 5月 in Blog
0 Comments

5/6(日)、茨城各地で雹が降りました。ここ土浦でも夕方15時半頃から30-40分は降ったでしょうか。

最もひどかった時間帯はこんな感じでした。

[wpvideo Hbq0zK9Y]

ちょっと見にくいですが、マルチの上で跳ねる雹の塊が見えます。

ほとんどの野菜はネットやトンネルで被覆されているので無事でしたが、裸だった露地トマト、いんげん、収穫中の葉物類、ズッキーニが結構やられました。

2012-05-07_06

ほうれん草

2012-05-07_06

小松菜

2012-05-07_06

キャベツ

2012-05-07_06

被覆資材(不織布)にも穴が。。

葉物は次の口が出てくるまでの間少しお休み。ズッキーニの一番手はどうかな―。寿命は縮まったでしょうね。

天候が非常に不安定な春だったのに、晩霜の気配もなく5月を迎えたので、「このまま何もなく夏にはならんよなー」と気持ち悪かったのですが、案の定(笑)。

当農場の記録では2007年の春にひどい雹害がありました。この時もいつまでも寒い春で、ようやく出てきた葉物やキヌサヤが壊滅的だったのを覚えています。

http://d.hatena.ne.jp/kazedayori107/20070428

5年に一度? 結構頻繁ですね^_^;

 

 

Tags:
No Comments

Post A Comment