久松農園オフィシャルサイト | 千両ナスの定植
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
128782249
post-template-default,single,single-post,postid-128782249,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

千両ナスの定植

千両ナスの定植

12:23 05 5月 in Blog
0 Comments

今年のナスの第一弾の定植はこんな感じ。

・小五郎、千両2号
2/18播種  3/24鉢上げ   5/1定植 130本

1. マルチは平高畝(150cm黒)。部分施肥後畝立て。通路100cm。
    通路に管理機で溝を切って、待ち肥の鶏糞、苦土石灰、もみがらを埋め込む。

2012-04-30_11
2012-04-30_17

 

2. 株間1mで定植。コンパニオンプランツとしてねぎを一緒に植える。植え付け肥に鶏糞少々。
   トンネル支柱(7尺)、縦支柱(90cm)を設置。縦支柱はトンネル支柱の天井位置まで埋める。なすを支柱にテープナーで誘引。 
トンネル支柱はマルチ幅(ツラで100cm)に収まるよう短い物を使用。

2012-05-01_10

3. フラワーネット設置。 防草シート敷設。

2012-05-01_17

4. 防虫ネット設置。

2012-05-01_18

・基本的には昨年と同じだが、今年は梅雨明け後に防草シートとマルチを除去しようと思っているので、それが出来るような段取りで。フラワーネットの高さが少し低いが、どうせ補助支柱を立てることになるのでこれはあまり気にしない。

・新マルチャーを5cm単位の精度で使いこなす自信がなかったので通路を狭めに設定(防草シート幅との関係)。実際にはほぼ狙い通り張れたので、通路115cmくらいが防草シートの設置上はベストかも。

・1の溝切りは土がマルチの上に飛び過ぎて失敗。反省点を生かして次のピーマンではうまくやれた。

・品種はこの後植える大長ナスと2種類。

・今年の苗はアブラムシはほとんど付いていないが、小ぶりで優しい。なすはガッチリ苗が望ましい。

一部始終を見ていた隣の家庭菜園(と言っても玄人はだし)のオジサンが一言。
「手かかるやり方してんなー」

そうなんです。だって僕らの農法って植えちゃったら武器ほとんどないんだもーん。

 

Tags:
No Comments

Post A Comment