久松農園オフィシャルサイト | 著書紹介
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176545771
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-176545771,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

著書紹介

キレイゴトぬきの農業論

「有機農法なら安全で美味しい」「農家は清貧な弱者である」「農業にはガッツが必要だ」―日本の農業に関する議論は、誤解に基づいた神話に満ちている。

 

脱サラで就農した著者は、年間五十品目の有機野菜を栽培。

 

セオリーを超えた独自のゲリラ戦略で全国にファンを獲得している。キレイゴトもタブーも一切無し。

 

新参者が畑で徹底的に考え抜いたからこそ書けた、目からウロコの知的農業論。

目次

はじめに──「キレイゴト」から離れて

第1章 有機農業三つの神話

第2章 野菜がまずくなっている?

第3章 虫や雑草とどう向き合うか

第4章 小規模農家のゲリラ戦

第5章 センスもガッツもなくていい

第6章 ホーシャノーがやってきた

第7章 「新参者」の農業論

小さくて強い農業をつくる

好きなことをつらぬき、自分の頭と手で考え、時代を切り開く!自由に生きるための農業入門!

 

エコに目覚めて一流企業を飛び出した「センスもガッツもない農家」が、悪戦苦闘のすえにつかんだ「小さくて強い農業」。


自由に生きていくために必要なのは、経営のロジックとITのノウハウと、何があっても理想をあきらめない心。


あたらしい有機農業の旗手として、いま全国から注目を集める「久松農園」代表の著者が贈る、21世紀型農家の生き方指南。

目次

第一章 一流企業サラリーマン、華麗に道を踏みはずす

第二章 新人農家「農家に向いていない」ことを思い知る

第三章 言葉で耕し、言葉で蒔く。チームで動く久松農園の毎日

第四章 「向いていない農家」は、日々こんなことを考えている

第五章 向いていない農家、生き残るためにITを使う

第六章 カネに縛られない農業を楽しむための経営論

第七章 強くて楽しい「小」を目指して