久松農園オフィシャルサイト | 農園案内
久松農園(HISAMATSU FARM)筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。代表:久松達央
久松農園,久松達央,HISAMATSU FARM,茨城県,土浦市,有機,有機農業,露地野菜,野菜,無農薬,野菜セット,野菜定期便,畑からの風だより,宅配,生パスタ,米粉,にんじんジュース,かきもち,トマト缶,オンラインショップ,Fushimi,Yuki,伏見友季
176541267
paged,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-176541267,paged-2,page-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

農園案内

久松農園について

筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、1999年より有機農業を営んでいます。

寒すぎず、暑すぎないこの地では、四季を通じて野菜を露地(屋外)で栽培することが出来ます。

 

私たちは、季節の中で育まれる、年間50種類以上の野菜を、お客様に直接お届けしています。

目指しているもの

私たちの目標はシンプルです。

おいしい野菜でお客さんに喜んでもらうこと。

 

手の込んだ技術に頼らずとも、当たり前の時期に当たり前に育つ野菜を採りたてで食べれば、とても美味しいものです。

 

理想とするのは、口先だけの甘さではなく、食べた人の体になり心になる、滋味のある野菜。

派手なご馳走よりも、日々の食卓をしっかり支える、飽きの来ない味。

 

「お、この小松菜、味が濃いね」 私たちのつくる野菜でそんな会話が弾んだら、とても嬉しく思います。

Message

自分たちのやりたい野菜づくりで、お客さんに深く喜んでもらい、経営がきちんと成り立つ。

どの要素が欠けても、持続的な農場の運営はできません。

 

たくさんの種類の野菜を、露地で農薬を使わずに育て、直接お客さんにお届けする、という私たちのやり方は、栽培の上でも、経営の上でも、決して効率のいい方法ではありません。

それでも、私たちは、色とりどりのパッチワークのような畑が好きなのです。

 

力強く育つ野菜の間を吹き抜ける風の中で感じる充実感は、何物にも代えられません。もっと上手な栽培や販売の方法がある、と言われても、それを手放すことは出来ないのです。

 

とは言っても、ちっぽけな農園です。私たちだけでは何も出来ません。さまざまな形でサポートして下さる方々や、野菜を買って下さるお客様の力を借りながら、私たちのワガママを貫きたい。そして、その成果を、支えて下さる皆様や、これから農業をやりたい人たちに還元していきたい、と思っています。

 

私たちが目指すのは、小さくて強い農業。

 

「車は三寸の轄を以て千里を駆く」という諺があります。規模は小さくても、私たちにしか果たせない「機能」を担っていきたい。そんな思いで、今日も野菜と向き合っています。

 

株式会社 久松農園 代表  久松 達央  

Credo

私たちの行動指針2015

私たちはこんな思いを胸に、畑と、お客様と、自分と向き合っています。

  • 今ワクワクすること、今好きなこと、今楽しいことに全力で取り組もう。
  • 冷静に考え抜き、熱い心で行動しよう。
  • 自分も周りも変わり続けることを前向きに捉えよう。
  • ユニークに、独創的に、斬新に発想しよう。
  • いつも素直な自分を心がけよう。
  • 一人一人の個性を尊重し、互いに信じ合おう。

Media

新聞・雑誌・TVなど、久松農園のメディア掲載情報をご紹介します。